悩んでいる女性

注目の記事

オススメリンク

感染経路

散らばった薬

毎年流行して多くの人々を苦しめているのがインフルエンザです。インフルエンザは感染力が強く、多くの人が感染してしまいます。
インフルエンザ感染の原因として最も考えられるのが飛沫感染です。飛沫感染とは、インフルエンザ感染者のセキやくしゃみによってインフルエンザウィルスが周囲に飛散して感染してしまうというものです。
一度のくしゃみで200万個ものウィルスが飛び出すと言われています。くしゃみをした感染者の1.5メートル以内の距離の場合は呼吸器から体内に侵入してインフルエンザを引き起こします。

飛沫したウィルスが手などに触れてしまう事があります。その状態で食べ物を手づかみで食べたりすると感染してしまいます。
感染者が触ったものは基本的にウィルスがいると考えるとよいでしょう。
気をつけていても、電車やバスのつり革といった公共の交通機関などはインフルエンザ感染している人が触っている可能性があります。また、空気中に浮遊しているウィルスを吸い込んで感染してしまう空気感染も十分に考えられます。
自宅に帰ってきた際は手洗いうがいを徹底しましょう。

インフルエンザに感染してしまうと、高熱が発生し、関節や筋肉に痛みが生じます。そして、激しい疲労感、倦怠感に襲われます。
インフルエンザに感染した場合はすぐに病院に行って診察を受け、リレンザといった薬を処方しましょう。
リレンザはインフルエンザの治療薬です。インフルエンザには様々な薬がありますが、高い効果がある薬として近年注目されているのがリレンザです。ここではリレンザについてご紹介していきます。